本文の開始

GIS開発 山梨県大月市 - 避難行動要支援者名簿システム

「GIS・ソフトウェア開発・ホームページ制作の株式会社MARS」 山梨県大月市

統合型GIS・空き家管理システム・固定資産税支援システム・避難行動要支援者名簿システム・帳票作成ツール・富士山周辺エリアのFacebook集・現地調査支援システム等のソフトウェア開発・販売・サポートと、民間企業向けホームページ制作をおこなう

トップページ > 製品情報 > 避難行動要支援者名簿システム

MARS 避難行動要支援者名簿システム

「GIS・ソフトウェア開発・ホームページ制作の株式会社MARS」本社:山梨県大月市

防災対策基本法に
準拠したパッケージシステムで
避難行動要支援者名簿の作成を支援します

About system避難行動要支援者名簿システムとは?

 災害対策基本法の一部改正により市町村では、避難行動要支援者名簿の整備および地域支援団体に避難行動要支援者名簿の提供が義務化されました。避難行動要支援者名簿システムは、避難行動要支援者名簿に係わる複雑な業務を効率的におこなうための地図付き避難行動要支援者名簿システムです。

災害時要援護者台帳システムイメージ

このページのTOPへ

Feature製品・サービス特長

関係機関共有方式

住民基本台帳システム・介護保険システム・障がい福祉システム等のデータより要件に該当する避難行動要支援者を取り込み、同意の有無に関わらず、全ての避難行動要支援者をデータベース化して一元管理します。

名簿の更新処理

定期的に住民基本台帳システムから出力された異動(死亡・転出・転居)データを取り込み、要援護者名簿とマッチングすることで管理対象外となった要援護者について廃止処理を自動で行います。

要援護者名簿の作成

民生委員別や避難所別に要援護者名簿を作成することができます。平常時における地域との情報共有は、同意者のみが対象となるため、操作ミスによる個人情報の流出を予防する印刷機能を提供しています。

要援護者マップの作成

要援護者名簿の住所と住宅地図の住所情報を突合し、自動的に位置情報を登録します。アドレスマッチング機能は、MARS社独自の住所ゆらぎ対策も施していますので約80~95%の位置情報を自動登録します。

要援護者マップ支援機能

要援護者マップは、要援護者宅の着色のほか、氏名や集合住宅の部屋番号、支援理由などを地図上にラベル表示し、一目瞭然の要援護者マップを作成を支援します。また、同意なしの方の非表示設定も行えます。

Googleマップとの連携

発災時に土地勘が無い支援者でも安否確認がおこなえるよう携帯等を用いて要援護者の住まいをGoogleマップ上に表示します。居住地のほかルート検索もご利用頂けますので安否確認に絶大な効果を発揮します。


避難行動要支援者名簿システムのカタログ

このページのTOPへ

Contact Us お問い合わせ先 詳細について

山梨県大月市大月町真木1892-1

TEL:0554-21-2511
FAX:0554-21-2501


ページの終了